tubo28's blog
つぼの 140 文字より長い文章置き場
About me

Yamaha AG03 の設定

Last Modified: 2022-07-23T09:12:37+0900
Tags: gadget audio

AG03 について

AG03

Yamaha AG03はオーディオインターフェースと呼ばれる機材の一つ。複数の音声を入力とし、音量を調節して出力できる。通話に配信にとても便利。1

別の選択肢に belkin のマルチイヤホンスプリッター がある。定番で安価だが、名前の通り本来は一つの音声出力をイヤホンのような複数の低電力の出力に分配するためのもので、入力を混ぜるためのものではない。ノイズや過負荷への耐性も無い。なので例えばゲームとPCの音を混ぜる目的でつないでイヤホンで聞いていると、片方がおかしくなったときにもう片方やイヤホンに影響を及ぼす。こういった理由からあまり好まれる使い方ではない。なのでbelkinさんも決して「ミキサー」とは呼ばず「マルチイヤホンスプリッター」と呼んでいる。

話が逸れたが、そういった訳でミキシング目的にきちんと作られた道具を使いたい。それでしばらく前からこのAG03を使ってきた。上位機種のAG06や最近出た後継機種のAG03 Mk2、AG06 Mk2もあるが、この記事ではAG03について扱う。といってもほとんど同じだと思う。

ところで Astro Mixampも持ってるじゃん と言われそうだ。まあ無駄遣いと言われても仕方ないが、理由はある。まず一つにMixampと私のPCとの相性が悪いのか、USBポートに挿してもたまに認識されない。そうなったときはPCを再起動したりUSB 3.0の別のポートに挿すなどいろいろ試すとそのうち使えるようになっていた。あと初期不良だかファームウェアのアップデートができなかった。というわけで、Astro Mixampもそれはそれでシンプルで使いやすかったのだが、問題があったのでAG03に乗り換えていたのだった。2

また話が逸れたが、この記事を書いた動機はAG03の使い方が一見では理解できないことだ。今まで適当な配線でも動いていたためそのまま使ってきたが、最近きちんと使い方が分かったのでメモを残す。

記事中の画像は公式サイトのAG03 取扱説明書から引用している。

基本

もう説明書の図の通りだが、

というフローをまずは頭に入れる。

AG03での音声信号の流れ

もう少し説明書無しでぱっと見で理解できるデザインがありそう、オーディオインターフェイスというジャンル自体が音響機器にある程度詳しい人向けの世界だから仕方ないのだろう。

入力

AG03のパネル

CH 1 (マイク入力)

CH 2/3 (ゲームなどのLINE入力)

USB (パソコンやスマホなどの入出力)

AUX (予備のLINE入力)

出力

私の環境での使い方

AG03の繋ぎ方

入力

出力

入力のミキシング

出力の調整

スピーカーとヘッドホンを別々に調整できて便利。

USB出力の切り替え

27のスイッチで、USBに何をミックスして出力するかを選択する。つまりパソコンから見たAG03に何の音を入れるか選ぶことができる。USB出力だけを切り替え、ヘッドホンとスピーカーへのモニター出力には影響を及ぼさない。

上から順に

となる。配信目的にしか使わないなら3が非常に楽。しかし、仕事での通話にはPC音とゲーム音は乗せたくないため、事故防止に常にDry Ch 1にして、配信にはOBSでPC音と合成した音をのせるのを基本とする手もある。私はそうしている。


  1. 楽器をやる人にとってはイコライザなどの他の機能にも使いどころがありそうだが、ゲームと通話しかしない人には関係ない ↩︎

  2. 使わなくなった Mixamp は妻にあげた ↩︎

  3. 【AGシリーズ】【AGシリーズMK2】SONY ECM-PCV80Uなどのプラグインパワー方式のマイクの音が出ません。 ↩︎

  4. 4にギターを挿すとマイクとギターのミックスになるが使わない ↩︎

tubo28's blog
<< ロードバランサは Least Connections 戦略にしておけ
>> CO2モニターを買った

See Also